童謡から伝えられる愛情と感性

こんにちは!
0歳からの幼児教室 EQWELチャイルドアカデミー
EQWELTIMES編集部です。

皆さんは、子どものころに歌をよく歌っていましたか?
兄弟のいる方は、教えたり、教わったりした覚えがあるかもしれませんね。
歌を歌うことは、子どもの成長にとても大きな影響を与えます。

今回は、「童謡から伝えられる愛情と感性」
というテーマでお伝えいたします。

【ポイント】
・歌うことで伝わるものとは
・童謡を歌うメリット
・童謡を好む期間は短い

 


 
 

歌うことで伝わるものとは

EQWELのレッスンでは、毎回童謡の取り組みが入ってきますが、
ご家庭では、子どもたちに歌を歌ってあげていますか?

子どもは、お母さんやお父さんに歌ってもらうことが大好きです。
眠らせようと、そっとわが子を抱いて子守歌を歌った方も多いはず。
赤ちゃんは両親の声を耳に、安心して眠りについたのではないでしょうか。

そうすることで子供の心が安定し、両親への愛情を感じるのです。
また心を込めて歌い、その歌詞を味わうことで感性も育っていくのです。

 
 

童謡を歌うメリット

・語彙数が増える
童謡には、日本人の感性を揺さぶる昔ながらの言葉が多く含まれています。
歌詞を覚えることで言葉の数がぐんと増えます。
・記憶力が育つ
この時期の子供は、驚異的な記憶力を持っています。
特に歌はメロディとともに心に沁みついて長く記憶に残ります。
・発表力がつく
歌を歌ってほめられることで、物おじせず、人前で発表する力が身に付きます。


 
 

童謡を好む期間は短い

もう少し大きくなってくると、子どもたちはTV番組の主題歌やCMなどを
好んで聞くようになるかもしれません。
子どもたちが童謡を楽しんで歌ってくれる時期はほんの少しの間です。
この時期に日本の心、感性のいっぱい詰まった童謡を聞かせてあげましょう。幼児期に300曲の歌が歌える子にするのが理想です。

 


 
 

思い返してみると、小さいころによく歌っていた歌は今でも覚えていたりしませんか?
CMソングなどは耳に残るものが多いので、特に覚えているかと思います。

幼児期では人格形成に大きく影響しますが、大人になってからは思い出にもなります。
ぜひ、歌を歌ってあげてくださいね。

全国の幼児教室 EQWELチャイルドアカデミーでは
体験レッスンを実施中です!
赤ちゃんからの習い事をお考えの方はぜひ体験してみてください。
https://www.eqwel.jp/shiryou_all.php
レッスンへの申し込みはこちら

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました!