AI時代に必要な力 「夢中力」を育てるために!

こんにちは!
0歳からの幼児教室 EQWELチャイルドアカデミー
EQWELTIMES編集部です。

今回も、おうちでできる幼児教育のコツをお伝えします!

「子どもがおもちゃに夢中になって、言うことを聞かない」という経験、親の皆さんからすると、誰しもが一度は通った道かと思います。
そこで、夢中になるということについて、改めて考えてみましょう。

今回は、【AI時代に必要な力 「夢中力」を育てるために!】というテーマでお伝えいたします。

【ポイント】

①:好きなことを気の済むまでさせ、「夢中力」を育む

②:夢中力を高めたMさんの事例

 


 
 

1. 好きなことを気の済むまでさせ、「夢中力」を育む

子どもの能力が最も伸びるのは、「興味・好奇心」を感じているときです。
さらに、「興味・好奇心」があることをできるだけ続けさせてあげると、夢中になって取り組む力、「夢中力(ハマる力)」が磨かれます。

元文部科学大臣補佐官で、東京大学&慶応義塾大学のダブル教授である鈴木寛氏は、文部科学省が目標とする学力の3要素
①知識・技能
②思考力・判断力・表現力等
③学びに向かう力・人間力等
に加え、この「夢中力」をもう一つの要素としてつけ加えたいと言っています。

その理由は、「夢中力」を持った子どものほうが、そうでない子よりも
・やる気が続き、集中持続力がつく
・創意工夫を繰り返し、独創性が磨かれる
・問題や課題に積極的に挑み、試行錯誤する中で問題解決能力が高まる
・やり抜く力が伸びる

といった可能性が高くなるからです。

誰がやっても同じ結果が出るようなことは、これからどんどんAIやロボットに取って代わられます。
独創性や問題解決能力はAIが最も苦手とすることなので、これからの子どもたちにとって、「夢中力」はぜひとも身につけておきたい能力なのです。
この「夢中力」を高めるには、子どもが興味を持ったことを、トコトンやらせてあげることがポイントとなります。
ただし、子どもが興味を持ったといっても、モノを片っ端から投げつける、アニメやYouTubeを見続けて電子機器から離れない、小動物をいたぶるなど、親から見て好ましくない内容であれば、やめさせて構いません。

親から見ても好ましいものにハマったときに、トコトンやらせてあげましょう。

 
 

2. 夢中力を高めたMさんの事例

EQWELチャイルドアカデミー卒業生のМさんは、東京大学在学中にロボット競技大会「ロボコン」で2年連続日本チャンピオンとなり、世界大会で最も名誉ある「ロボコン大賞」を受賞しました。

その後、大学院時代に研究の傍ら、仲間とともに起業をし、博士号を取得。後にAI関連の企業に就職しました。
その原動力となった「夢中力」は、どうやって培われたのでしょうか。

3歳のころに、鉄道玩具が好きだったというМさんのお母さんは、「掃除ができないから片付けて」と言いたくなるのをこらえて、Мさんがつなげた線路を、Мさんが満足するまで何日も広げっぱなしにさせてあげたそうです。
もちろんイライラすることもあったそうですが、そのままにしておいたおかげで立派なものができあがり、お母さんは、「子どもの興味をキャッチして、のびのびさせてあげることの大切さ」を実感したのだと教えてくれました。

また、最年少記録を次々と塗り替え、活躍している棋士、藤井聡太さんのお母さんも、息子が将棋に夢中になっているときはトコトンやらせてあげたといいます。

このように、親に環境を整えてもらえた中で「夢中力」が磨かれると、意欲と創造力が増し、心と才能が豊かに花開いていくのです。

EQWEL
EQWEL
EQWELの教室では、「夢中力」を育てるためにレッスンと連動したお家での取り組みアドバイスを行っています!

 


 
 

いかがでしたでしょうか。

【まとめ】

子どもの能力は、興味と好奇心を感じているときに伸びていきます。
夢中になっているものがあれば、ぜひ応援してあげましょう。

メンタル面や環境面など、さまざまなサポートがあれば、大きく開花し、
その後の人生を豊かにすることができるかもしれません。

全国のEQWELチャイルドアカデミーではコロナ対策を万全に施し、体験レッスンを実施しています。

体験レッスンのお申込みはこちらから

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました!

【出典】“人間力”あふれる子どもに育てるために「ポジティブ育児メソッド」 | 浦谷裕樹著(プレジデント社)