子どもが自立するときをイメージした子育てとは?

こんにちは!0歳からの幼児教室 EQWELチャイルドアカデミー
EQWELTIMES編集部です。

今回も、おうちでできる幼児教育のコツをお伝えします!

「人生100年時代」「AI時代」など子どもたちの未来は大きく様変わりすることが予測されています。
皆さんは子どもが自立した時に、どんな大人になってほしいかを明確にイメージしながら、子育てを行っていますか?
今回は、【子どもが自立するときをイメージした子育てとは?】というテーマでお伝えいたします。

【ポイント】

1.これからの時代、必要となる能力
2. 子どもが自立したときをポジティブにイメージしながら子育て

 


 
 

1.これからの時代、必要となる能力

AI(人工知能)とロボットの台頭により、「2011年に入学した小学生たちの65%が、大学卒業後に今はまだ存在しない職業に就く」というアメリカの研究者による予測があります。

今後、AIやロボットが普及し、AIやロボットに使われる人ではなく、 使う側になることや、人間でなければできない仕事をすることに注目が集まってくるでしょう。

このような時代の変化の流れに必要となるのは、次のような能力です。
・思考力
・問題発見&解決能力
・コミュニケーション能力
・創造性 (独創性)

これらの能力を培うためには、幼少期にしっかりとしたEQ力(非認知能力・人間力)を身につけ、その土台の上に高いIQ力(認知能力)と志を築いていくことが肝心です。

 
 

2. 子どもが自立したときをポジティブにイメージしながら子育て

乳幼児期の子育てに関する比較調査によると、東大生の親は、子どもが将来「社会で活躍する人に育ってほしい」と思いながら、 子育てをしていたことがわかりました。

その親の強い思いが子どもへと伝わり、 子どもが「社会で活躍しよう」という志を持ち、その志を果たすべく勉強に打ち込み、東大へと進学したのではないでしょうか。

そうであったとすれば、「子どもが自立したときのことをポジティブにイメージしながら子育てをする」 のは、とても効果のある“思い”といえます。

これは「親として、子育てを通じて、子どもに最も伝えたい思いはなんですか」ということです。
この答えを常に意識し、子どもに、家族に伝えていきましょう。

これからの時代は、生活スタイルや仕事、価値観がどんどん変化していきます。

そのことを前提に、自分なりのぶれない軸を持って、子どもの将来をポジティブにイメージしながら、子育てすることが大切です。

 


 
 

いかがでしたでしょうか。

【まとめ】

・これからの時代に必要となる能力を培うためには、生活スタイルや仕事、
価値観が大きく変わることを前提に、ぶれない軸を持つことが大切です。

・子どもの将来をポジティブにイメージしながら、子育てをしましょう。

体験レッスンのお申込みはこちらから

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました!

【出典】ポジティブ育児メソッド | 浦谷裕樹著(プレジデント社)