好奇心の芽が能力を開花させる

こんにちは!
0歳からの幼児教室 EQWELチャイルドアカデミー
EQWELTIMES編集部です。

今回も、おうちでできる幼児教育のコツをお伝えします!

子どもの能力を伸ばしてあげるためには、子ども自身が興味を持ち、進んで取り組むことがとても大切です。

今回は、【好奇心の芽が能力を開花させる】というテーマでお伝えいたします。

【ポイント】

1. 子どもの能力が最も伸びるのは、「好奇心」を感じた瞬間
2. 「興味があると覚えやすい」という科学的な根拠

 


 
 

1. 子どもの能力が最も伸びるのは、「好奇心」を感じた瞬間

いつまでもおもちゃを離さない。
ティッシュペーパーを延々とし続ける。
「なんで、なんで」攻撃が鳴りやまない…。

親としてしては大変です。
しかし、それがどんなことでも、子どもが自分で『知りたい、やりたいと思ったその瞬間にこそ、能力がぐんぐん伸びている」と聞くとどうでしょうか。

東北大学の瀧靖之(たきやすゆき)教授は、のべ10万人の脳画像を見てきた中で「どのように育った子どもが賢くなるのか」を調べました。
そして、「子どもを賢く育てる秘訣は好奇心にある」という結論にいたりました。
瀧教授は、子どもの脳を「好奇心たっぷりの脳」に育てる秘密道具として、「図鑑」を挙げています。

本を読むときには、脳の中の「言語野」と呼ばれる、話す、書く、読むといった能力を司る部位が活性化します。
さらに、豊富な写真やイラストを見ることで、図形の認識や空間認知を担う脳の部位も、活性化するのです。
脳への刺激という面だけで考えても「図鑑は子どもの成長によい」といえるでしょう。

さらに、子どもが図鑑で得た「知識」とそれ以外の「リアルな体験」とを、親が結びつけてあげると、子どもの好奇心はふくらんでいきます。
子どもが乗り物図鑑で電車に興味を持ったら、実物を見に駅や鉄道博物館へ連れて行く。
公園で花を見つけたら、図鑑でその花を一緒に探してみる。こういったことが大切です。

EQWEL
EQWEL
レッスンでは様々な角度から子どもたちの好奇心を刺激していきます。
伸びる子の親は、子どもの好奇心を伸ばすのが上手です。

 
 

2. 「興味があると覚えやすい」という科学的な根拠

記憶の研究で有名な東京大学の池谷裕二(いけがやゆうじ)教授は「興味・好奇心があると、楽に覚えられる」といいます。
脳内で記憶のカギをにぎる「海馬」は、興味を感じたときに「シータ波」という脳波を発生させます。
シータ波が出ている海馬は、少ない刺激でも活性化して、記憶が定着しやすくなるのです。

うまく刺激すると、なんと10分の1の刺激で活性化するとのこと。
これはすなわち、「興味・好奇心があることは10倍記憶に定着しやすい」ということです。
好きなドラマの内容は1回見ただけでストーリーを完全に覚えているのに、興味のないドキュメンタリーは全然記憶に残っていない、ということはありませんか。

脳は「興味・好奇心」があることには記憶力が高まるようにできているのです。

 


 

【まとめ】

・子どもが好奇心を持つと、その分野の能力が伸びやすい
・図鑑などの「知識」と、博物館などの「実体験」をリンクさせてあげるとさらに伸びやすい
・興味関心のあるものは、他の物に比べて10倍、記憶が定着しやすい

体験レッスンのお申込みはこちらから

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました!