子どもは自分を映し出す「鏡」 率先垂範のススメ

こんにちは!
0歳からの幼児教室 EQWELチャイルドアカデミー
EQWELTIMES編集部です。

今回も、おうちでできる幼児教育のコツをお伝えします!

親ならば誰しも、大なり小なり子どもに対する期待を、胸に抱いているものです。
そんな期待を実現させるには、どのような取り組みを行うべきなのでしょうか。

今回は、【子どもは自分を映し出す「鏡」 率先垂範のススメ】というテーマでお伝えいたします。

【ポイント】

1. 親が率先して行動に移し、後ろ姿を見せる
2. 頑張る姿勢をまねさせる

 


 
 

1. 親が率先して行動に移し、後ろ姿を見せる

「子どもには賢くなってほしい」
「将来自立して、たくましく生きてほしい」
「強くて優しい人間になってほしい」
など、親ならば誰しもが思うのではないでしょうか。

もちろん、そのことを口に出して伝えるのも大切なことでしょう。
しかし、率先垂範を意識すると、口に出すよりももっと効果的に子どもに伝わる方法があることは、もうおわかりかと思います。

それは、「子どもに●●になってほしい」から、「私は○○になる」に変えることです。

先の例でいえば、次のようになります。

「子どもには賢くなってほしい」→「私は賢くなる」
「(子どもが)将来自立して、たくましく生きてほしい」→「私は自立してたくましく生きる」
「(子どもには)強くて優しい人間になってほしい」→「私は強くて優しい人間になる」

子どもに望んでいることの主語を、「私」に変えて、子どもに対する期待を自分の目標に変えてしまいましょう。
そして、日々、少しでも目標に近づけるように努力し続けるのです。


 
 

2. 頑張る姿勢をまねさせる

子どもは親のしたことをまねるもので、いわば優れた観察学習者。
「遅延模倣」といって、いつの間にか観察していたことを、後の適切な場面でやってのけてしまう能力を生まれながらにして持っています。
これは、たった1回見ただけで、自分のものにしてしまうことができる、効率的な学習能力であるともいわれています。

子どもが持つその能力を活かして、何度も何度も目標に向かって努力する姿を見せましょう。そうすれば、自ずと子どももその姿勢をまねて、気づいたときには期待に応えるすばらしい成長を遂げてくれているはずです。

EQWEL
EQWEL
自ら勉強する子どもに育てるためには、「勉強しなさい」と言わずに、まず、親が自ら勉強をはじめればいいのです。親が楽しくレッスンに参加する姿勢を見せるのも効果的です。

 


 

【まとめ】

①子どもに願うだけではなく、行動をしている姿を見せましょう。
②子どもに望むことの主語を、「私」に変えて自分の目標に変えましょう。
③子どもによく観察させ、自分の行動をまねてもらうようにしましょう。

体験レッスンのお申込みはこちらから

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました!