やり抜く力を育てる「成長思考」とは?

こんにちは!
0歳からの幼児教室EQWELチャイルドアカデミー
EQWELTIMES編集部です。

今回も、おうちでできる幼児教育のコツをお伝えします!

「やり抜く力」において重要な「努力すること」は、
1つの結果に満足せず、継続的に改善を繰り返すことのできる力だといえます。

才能や結果にばかりこだわらず、過程である「努力」をほめて、継続していくこと。
周りのほめ方次第で、こどもの伸びしろは大きくなります。

今回は、【やり抜く力を育てる「成長思考」とは?】というテーマでお伝えいたします。

【もくじ】

1.才能は重視する必要があるのか
2.ミスをすることは「悪いこと」なのか
3.こどもの成長思考をのばすには

 


 
 

1.才能は重視する必要があるのか

ある心理学者は、小学校1・2年生のクラスを対象に行った1年間の研究で、「固定思考」が植えつけられていたことをつきとめました。

そのクラスでは、教師が成績の良い生徒を特別扱いし、ほかの生徒よりどれだけできたかを強調していました。

すると、いつのまにか子どもたちは「努力では何も変わらない」という「固定思考」になり、頭を使うことよりも、「正解できるように」と簡単な問題を好むようになっていたのです。

さらに1年間の終わりのアンケートでは、「頭のよさはもともと決まっているもので、ほとんど変わらない」という項目に賛成する割合が、他のクラスに比べて高くなっていました。

ここで行われた研究では、「もともとの能力(才能)を重視する接し方」だといえます。

 
 

2.ミスをすることは「悪いこと」なのか

別の研究では、子どもがミスをしたときに「ミスをするのは悪いことで、問題だ」という態度を示すと、子どもたちが「固定思考」になる割合が高くなることがわかりました。

この接し方を続けると、子どもたちはミスをいやがるようになって、簡単な問題にばかり取り組み、新しい問題や難しい問題にチャレンジしなくなります。
なぜなら、新しい問題や難しい問題では必ずといっていいほど「ミスをする」からです。

本来はミスを通じて、そのミスを減らすためにはどうすればいいのかを考え、試し、成長していくもの。
それにより「やり抜く力」が育つのですが、固定思考的な接し方は、そのチャンスを奪ってしまうことにほかなりません。


 
 

3.こどもの成長思考をのばすには

子どもたちは、成長の途上にあり、多くのミスを犯します。
しかし、そのミスが大人になったときに、その子を苦しめるでしょうか。

それよりも、失敗を恐れず、失敗から学び、物事に真摯に取り組む姿勢を身につけることの方が、大切ではないでしょうか。

「やり抜く力」を伸ばすには、才能・結果ではなく、努力をほめて、現状を認めた上で、継続・改善を促す言葉かけをしましょう。

すると、子どもの「成長思考」が培われ、「やり抜く力」が育まれるのです。

 


 

【ポイント】
・才能・結果ではなく、努力をほめましょう
・継続・改善を促す言葉かけをしましょう
・「やり抜く力」を育ませるには、子どもの成長思考を大切にしましょう

体験レッスンのお申込みはこちらから

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました!